自分でできる対処法は?

急にトイレがつまってしまった場合などに自分でできる対処法をある程度知っておくならば助けになるはずです。もちろん一旦自分で対処して難を逃れたあときちんとプロの業者に見てもらったほうが良いでしょう。トイレのつまりを直すやり方としては、バケツなどたくさん水が入るもので水を用意し、その水を使って水の勢いでつまっているものを流してしまうという方法があります。しかしこれは不用意にやるとつまりを解消できずかえって水が溢れてきてしまうこともあるので、流す水の量などには注意が必要です。

ラバーカップ通称すっぽんと呼ばれるラバーカップなどで直すというやり方もありますし、上級者になればワイヤーなどを使用してつまりを解消するという方法もあります。しかしそもそもトイレがつまってしまった原因を特定しないとまた同じ展開になることが予想されますので、普段の使い方を改める必要がある可能性も高いです。トイレットペーパーではないティッシュペーパーをたくさん流している場合や、生理用ナプキンやおむつなどを流してしまっていないかどうかなど使い方を見直すようにしましょう。また誤ってタオルやハンカチさらには子どものおもちゃなどを流してしまってトラブルになるケースもあるようです。

 

基本的には業者に依頼

パソコンいざというときのためにトイレのつまりを解消するために自分でできる方法を知っておくことは大切ですが、基本的には可能な限りプロの業者に修理や対応を依頼するほうが賢明でしょう。トイレのトラブルに関して迅速に出動してくれる業者は全国にたくさんあり、インターネットでも簡単に調べることができます。最近では年中無休で24時間対応してくれる業者もあるので、夜中にトイレのつまりで困った場合でも慌てず連絡すれば対応してもらえます。気になる費用ですがこれは業者によって違いが出てきますし、一律の料金なわけではないので、実際に現場を見てもらわないといけない部分もあるでしょう。

トイレのつまり修理費用に関して「2000円~」と書いてあるところもあれば「8000円~」書いてあるところもありますが、単純に最低価格が安いところを選ぶのも良いかもしれませんし、前もって口コミや評判などを調べておいて、いざというとき連絡できるように携帯電話に登録しておくこともできるでしょう。場合によっては緊急対応だけでなく最終的に水道工事や便器の交換などが必要になるケースもあるので、あらゆるケースにマルチに対応できる水道業者を普段から調べておくといざという時の助けになります。